粉体の混合・造粒加工、および有機液状化化合物の合成から混合までお任せください。

03-3429-0151

FPC補強板用アクリル系接着剤

HOME > サービス紹介 > FPC補強板用アクリル系接着剤

共同薬品では、変性アクリル樹脂を主成分にした液状接着剤を商品化しており、FPC補強板用アクリル系接着剤(AW-32、AW-33)を上市しています。可とう性、耐熱性に優れた高性能な接着剤で、特にFPCとリジット基板との接着などに適しています。

接着とは

接着剤を介して物理的な力または化学的に結合した状態をいいます。
接着の理論は以下のような説があります。

機械的結合

機械的結合

アンカー効果や投錨効果などと呼ばれており、接着剤が隙間に入り固まることで接着します。

物理的相互作用

物理的相互作用

ファンデルワールス力(分子間力) によって接着します 。

化学結合

化学結合

一次結合力で化学的に結合し接着します。

接着剤(AW-32,33)の使用例

当社の接着剤は主としてフレキシブル基板(FPC)に使用されておりますが、FPCとは以下のようなものです。

使用例

接着剤の種類

接着剤の主な種類は図の通りです。

種類

AW-32,33の主な特徴

構造

構造

性能

  1. 可とう性に優れる
  2. 接着性に優れる
  3. 耐熱性に優れる
  4. プレス時の樹脂フローが小さい
  5. 仮止めが可能
  6. ハロゲンフリー

アクリル系接着剤とエポキシ系接着剤との相違

スクロールしてご覧いただけます。

  アクリル系接着剤 エポキシ系接着剤
接着強度 主として大きい 主として小さい
樹脂フロー 安定している 主として不安定
保存安定性 温室保存可 冷蔵保存可
耐屈曲 優秀

AW-32,33の使用方法

AW-32,33は下図のように接着剤を塗布⇒乾燥⇒ボンディングシートに加工されます。加工されたものを基板に張り合わせ、熱硬化させることで性能を発揮いたします。

使用方法

AW-32,33の仕様および性能

AW-32、AW-33は溶液タイプの接着剤であり、仕様および性能は以下の通りです。
接着剤

AW-32,33の仕様

スクロールしてご覧いただけます。

  AW-32 AW-33
外観 微黄色液体 微黄色液体
不揮発分(%) 12.0~12.5 18.5~20.0
粘度(mPa・s)25℃ 600~1100 500~1200
使用溶媒 MEK MEK

AW-32,33の性能

スクロールしてご覧いただけます。

項目 被着材 AW-32 AW-33
接着強さ PI/GE 1.5 1.3
PI/500H 1.2 1.2
PI/SUS 1.4 1.3
PI/Al 1.2 1.3
半田耐熱(℃) PI/GE 300 280
PI/500H 260 260
PI/SUS 280 280
PI/Al 280 280
フロー(mm) 0.4 0.9

※カスタマイズも可能です。

AW-32,33の使用方法および性能試験条件

AW-32,33の使用方法および性能試験条件は以下の通りです。

フィルム化およびプレス条件

スクロールしてご覧いただけます。

  項目 条件
フィルム化 温度(℃) 120~150
時間(分) 2~10
プレス 温度(℃) 160~180
圧力(MPa) 1.96~4.9
時間(分) 30~60

性能試験条件

スクロールしてご覧いただけます。

項目 条件
被着材 カプトン100H/ad/GE他
接着層 約25μm
フィルム化 130℃×4分
硬化 160℃×3.92MPa×60分
接着強さ 90°ピール 50mm/min
半田耐熱 C-2/20/60

AW-32,33の使用製品

FPCが使用される製品にAW-32,33が使用されますが、例として以下の製品となります。

  • スマートフォン
  • ハードディスク
  • CCD
  • プリンター
  • コネクター

- お電話でのお問い合わせはこちら -

03-3429-0151

- お気軽にお問い合わせください -

Copyright(C) 2017 KYODO CHEMICAL CO.,LTD. All right Reserved.